アップル(Apple)は稼げない詐欺副業?徹底調査してみる

アップル(Apple)は稼げない詐欺副業?徹底調査してみる
アップル

厚生労働省の調査によれば、新卒の現在の給料は大学・大学院卒と高卒を比べると3万円の開きがあるそうです。

「高卒は、その分長く会社で働いているから、給料が上がっている」

そう言われた時代も有りましたが、昇給がほとんどない現在では、学歴がある方がまだ経済的にはマシなのではないかと感じています。

とは言うものの、全体として見た時に給料は低い状態が維持されていると感じており、貯金がない人が5人に1人というデータもあります。

貯金が全てではないですが、少なくとも何かをする時に思い切った行動が取れるのかは、貯金の額で決まるケースが多いです。

貯金が100万円ある人と、1円もない人では、取れる選択肢が違ってくるのです。

貯金はしたいけど余裕がない。

そういった人には、是非「アップル(Apple)」を検討してほしいと思っています。

調査した結果このアップル(Apple)は、現在最も信頼性のある副業だと思います。

最初は、

「どうせ他の商材と同じで詐欺ビジネスなのでは?」

なんて考えていました。

どんな人でも稼げる副業は、世の中に存在しない…もしくは一般的に情報が下りてこないと思っていました。

しかし実際に調査してみると、その凄さに圧倒されるばかりです。

是非今回はそんなアップル(Apple)についてお話したいと思います。

情報商材など全て詐欺じゃないのか

まず情報商材や副業ビジネスと聞くと「詐欺」と感じる人が多いのではないでしょうか。

良くネット広告では、

「1日10分で月収100万円」

といったように、普通に考えたらありえないようなキャッチコピーのものが多数出てきます。

お金は欲しいと思っているけど、そういった商材は結局詐欺だと思っている人は多いでしょう。

実際、販売されている情報商材の9割は詐欺商材と言われています。

例えば、購入後にさらに高額な請求をされるものもありますし、運営とまったく連絡が取れなくなった商材も多数あります。

また消費者庁から業務停止命令が出たような会社も多く存在します。

ですが、その全てが詐欺とは言い切れないのが情報商材の面白いところになります。

本当に稼げるビジネスも存在する?

副業ビジネスには、きちんと稼げるビジネスも存在します。

情報商材の9割が詐欺と言われる中で残りの1割は、ちゃんと稼げる優良と言われ、購入者の生活を豊かにしています。

それも、アルバイトなどをするよりも、遥かに効率的にお金を作ることができるのです。

その理由は「construction」です。

多くの会社では、業務用のシステムというものが使われていると思います。

例えば、生産管理。

商品を作る上で在庫がいくつあるのか、いつ商品が完成するのかといった計画がひと目で見れる方が経営が安定します。

多くの人が関与しているような仕事ではなおさらです。

こういった作業も、システムを使うのと使わないのでは、大きく結果が変わってきます。

材料投入のタイミングが正確に把握できれば、無駄な連絡が必要なくなるかもしれませんし、過剰に在庫を作ってしまって廃棄する事もなくなります。

このようにシステムを使えば無駄を省いて、生産を効率化することができます。

例えでは製造業を出しましたが、これが情報商材になると、商品を作る部分も全てがシステム化できるのです。

つまり、極端な話人は何もしなくても勝手に機械が考えてくれるというのも、不可能ではありません。

だからこそ、アルバイトよりも効率よく稼ぐことができ、不要な作業を全て機械がやってくれるからこそ誰でも簡単に稼ぐことができるのです。

稼げる情報商材はココを見る

さて、そんな稼げる商材ですが、実際に見極めるのは非常に困難です。

特に情報商材は、サイトなどにその内容を記載する事が多いですが、虚偽の内容を書いている詐欺商材もあります。

そのため、見極めるのは非常に困難になります。

しかし、稼げる商材の共通点として

  • 「特定商取引法に基づく表記がしっかり記載されている」
  • 「サポートがきちんと知識や経験を持っている」

という2つの点があると思っています。

特定商取引法に基づく表記がしっかりと記載されているかどうかは非常に重要なポイントです。

アップル(Apple)に限らず稼げる商材の特定商取引法に基づく表記は漏れなく記載されています。

過去に詐欺と言われた商材の特定商取引法に基づく表記を見ると穴だらけなことが分かります。

運営会社や代表責任者はまだしも、所在地、電話番号、メールアドレスが書かれてない商材は要注意です。

連絡先が分からない商材は最初から人を騙す目的で作られている可能性が高いからです。

あとから苦情を言おうにも連絡先が分からないので文句を言える場所すらないのです。

さらに所在地が不明な場合は、押し掛ける事もできません。

また所在地が書かれているからと言って安全ではありません。

世の中にはバーチャルオフィスというものがあり、住所を貸しているだけで、その場所に言っても何もないということがあり得ます。

なので最低限、全ての項目が埋まっている商材を選ぶ必要があります。

それ以外の商材はどんなにうまい話であっても詐欺の可能性が高いです。

次にサポートについてですが、過去に詐欺商材のサポートに電話したときは、マニュアルで回答が用意されていました。

どのくらいの結果が出るのか質問すれば

「運営者の〇〇が公言されていないため、勝手に答えることができません」

と言われました。

どのような質問をしても、サイトに載っていないことに関しては、同じ返答が返ってきたので、不審には思っていました。

結局その商材は購入しませんでしたが、後々詐欺としてニュースになっていたので、購入しなくてよかったと心から思いました。

その後、色々なサポートに電話してから商材を決めるようになったのですが、本当に稼げる商材は、サポートの人の知識も非常に多いです。

きちんと勉強されているのでしょう。

その業界のことや、ノウハウのことについてもきちんと把握されています。

そういった商材は、購入しても後悔することがありませんでした。

自分に合わなくて止めたものはありますが、全く結果が出なくて止めたものはありません。

そういった点でも、このアップル(Apple)は、非常に優れたサポート体制のある商材だと感じました。

非常に丁寧な説明でしたし、レスポンスも早い。

専門的な内容を質問しても、全員がきちんと回答できるほどレベルの高いものでした。

だからこそこのアップル(Apple)は良質な副業だと判断します。

アップル(Apple)で稼げなかった人もいる?

では、アップル(Apple)に参加すれば誰もが成功できるのでしょうか。

それは、どうしても本人次第と言わざるを得ない部分があります。

例えば、本業が忙しいことを理由に、全く時間を取らなかったら・・・

当然アップル(Apple)であっても稼ぐことはできません。

このアップル(Apple)は、専用のツールを使用しますが、全自動で稼ぐようなシステムではありません。

少なからず自分で時間を取って作業する必要があります。

この作業自体は、非常に単純ですし、その人に合った作業方法で行われるので誰でも行うことができるでしょう。

ですが、その時間自体を取らないことには始まりません。

中には会社の飲み会などを優先して時間を取らない人もいたようで、そういった人は稼げない可能性があります。

必要な時間としては、1日1時間程度あれば結果は出てくると思います。

また毎日でなくても結果自体は出ますが、できれば毎日のほうが結果が出るのが早いでしょう。

仕組み自体は非常に優れていて、時間さえ取れれば稼ぐことが可能なので、非常におすすめの商材になります。

まとめ

今回はアップル(Apple)という副業が、本当に稼げるのかということを見てきました。

詐欺商材が多いと言われる中で、非常に優れたサポート体制や、マニュアル化された手法、そして不要な作業が全て効率化できてしまう専用ツールが有るので、私が現在最も稼げると思う副業になっています。

現在非常に多くの人が、経済的な不安を抱えていることでしょう。

コロナもまだ終わりが見えない状態です。

そんな時代だからこそ、副業は誰もがやるべきものになっていますし、いざというときのために、稼げる手段を複数持っておくことは非常に重要です。

まだあなたが「自分の力で稼ぐ手段」を持っていないとすると、是非このアップル(Apple)で自由になるお金を作る良い手段だと思います。

>>公式サイトはコチラ

アップルカテゴリの最新記事