訴訟は不要?アップル(Apple)副業の返金対応

訴訟は不要?アップル(Apple)副業の返金対応
アップル

返金保証制度はアップル(Apple)の大きな特徴

自分のペースで稼ぐことのできる副業として今人気を博しているアップル(Apple)ですが、アップル(Apple)には返金保証制度があることはご存知でしょうか?

ウリの一つともされているので既にアップル(Apple)に興味を持っている人であればご存知かと思いますが、この制度はアップル(Apple)を語る上で欠かせない要素でしょう。

返金保証制度はアップル(Apple)で万が一稼げなかった際に保険として機能する有り難い制度ですが、この制度が採用されている副業ビジネスは実は多く存在し、それ自体はあまり珍しいものではありません。

さして珍しくないはずの制度に何故今注目する必要があるのでしょうか?

さっそく見ていきましょう。

返金保証があっても返金されるとは限らない

意味のわからないことを言うなと思うかもしれませんが、ネットビジネス業界では横行していることなんです。

手口としては返金保証の条件を分かりにくい場所に記載して、どんな場合でも返金してもらえると利用者を勘違いされる手法です。

利用者は後になって稼げないことに気付いて返金を求めると条件から外れていると撥ね退けるわけです。

また条件を満たしていた場合でも、あれこれと理由を付けて返金を断るケースもあるようで、何としても返金しないようそもそも電話番号やメールアドレスを記載しないケースもあるようです。

このように、返金保証制度を掲げる副業ビジネスすべてがそれに応じるかというと残念ながらそうではないんです。

副業ビジネスの訴訟

素直に返金がなされるケースは稀であり訴訟に発展することも少なくありません。

訴訟を起こすことは言うまでもなく簡単なことではありません。

企業側が返金を断ることは簡単ですが、返金してもらうための訴訟を起こすには弁護士を雇う資金が必要になりますし、多くの時間が必要です。

また行動を起こしたからといって必ず返金がなされる保証がないのも辛いところでマイナスで終えたという話もよくあるようです。

訴訟を起こして返金させれば勝ちというわけではありません。

むしろ訴訟を起こした段階で負けといってもよいでしょう。

副業ビジネスには返金問題がつきものな訳ですが、それに関しての訴訟はあくまで最終手段であり、起こさないにこしたことはないわけです。

訴訟に潜むリスク

訴訟の危険性についてもう少しだけ詳しくお話したいと思います。

まず、何故訴訟したのに最終的なお金がマイナスで終える可能性があるのか?
その原因は大きく分けて4つあります。

  • 全額が返金されることは殆ど無い
  • 証拠集めは自分
  • 弁護士への支払い
  • 被告の銀行口座が分からない、支払い能力が無い

訴訟すれば全額戻ってくると思っていませんか?それは大きな間違いです。

情報副業ビジネスの販売自体は違法では無く、落ち度が100%被告にあるわけではないからです。

全額が返ってきて、そこから弁護士費用を払おうなんて考えていると大変な目に遭う可能性もあります。

次に訴訟して勝つために必要になる証拠ですが、全て弁護士が集めてくれるわけではありません。

自分で収集して提出する必要があります。

ここでの証拠集めでかかる労力は、もちろん全て自分持ちです。

その上で証拠が弱いと、弁護士に見せた際に「これでは無理です」とつき返されて訴訟を起こせない場合もあります。

また弁護士費用も事務所によって様々で返金額の30%ほどの事務所もあれば、20万円+返金額の10%という事務所もあります。

例えば、情報商材で2万円で教材を買って後者の事務所に依頼すると訴訟した時点で18万円以上損をする計算になります。

そして前者の事務所は2万円の返金訴訟自体受け付けてくれないでしょう。

また法外な料金を提示する悪質な弁護士も一部ですが存在しているようです。

最後に訴訟先の銀行口座や支払い能力が無かった場合ですが、そもそも返金されません。

訴訟を起こすだけ起こして1円も返ってこない場合があります。

もし特定商取引法に基づく表記がない副業ビジネスだった場合は泣き寝入りするしかありません。

このように、訴訟は全てを解決してくれるウラ技ではありませんし、弁護士が全てを片づけてくれると言うわけでもありません。

しっかりと考えて行動を起こす必要があります。

アップル(Apple)には開けたサポート窓口がある

訴訟を起こさず、返金に応じてもらうために必要になるのは直接交渉できる窓口です。

アップル(Apple)にはサポート窓口が用意されているため、個人での交渉をすることも可能と言えます。

アップル(Apple)における返金問題で訴訟にまで発展したという話は今のところ聞いていません。

これは想像ですが対応窓口が生きており返金に応じる姿勢を見せているからではないでしょうか。

アップルカテゴリの最新記事